Blog

Blogブログ
Blogブログ
Blogブログ

ブログ 

婚活を始める人にも考えてもらいたい不妊治療問題

コロナの影響で4分の1の医療機関で不妊治療の一部を中止するなどしており、また、9割の医療機関で不妊治療の患者が減ったとのニュースを耳にしました。

 

「不妊治療というのはある程度年齢との闘い」

とも言われていました。

うーん、決して年齢だけとか、女性だけの問題ではないんですけど・・・。

 

私も一度目の結婚で子供はいなくて、再婚を考えた時が33歳だったので、子供が欲しかった私としては、自分だけではなく、相手も子供が欲しいと望んでいるならば、いち早く婚活しないと、自分にとっての婚活が不利になると感じました。そして34歳で再婚できました。

 

最終的には妊娠したものの、着床しにくく、流産してしまい、流産のトラウマにも襲われました。

当時、通院していた先生からは、タイミング法と言うものを提案され、何度かチャレンジ。

それでも妊娠できず、先生から「今回妊娠しなかったら、ちょっと体も疲れていることですし、治療を休みましょう」と言われました。

 

「そっか、今度妊娠していなかったら一旦休むのかぁ・・・、やっぱり私は妊娠できないのかなぁ」と諦めかけた時にできたのが、昨日で15歳になった娘です。

 

36歳と7ヶ月で出産したので、やっぱり正直産むなら若いうち、そして育てるのも体力を使うので若いうちだと感じました。

結婚したこと、母になったことで人生が変わったし、深みが増しました。

若くして婚活して損はないと思います。

 

無料相談される方には、こんな話も、興味のある方はもっと詳しくお伝えしようと思っています。

婚活がちょっと遅れることで、色々な面でリスクが高くなります。そのことも頭に置きながら、婚活時期を考えてみることをお勧めします。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME> ブログ >婚活を始める人にも考えてもらいたい不妊治療問題

ご結婚が決まった後も
お二人の将来をサポート
すべて無料でご相談いただけます
bnr_interview131 2020婚活応援 オンラインPC